スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あるキング

2009年09月03日 23:30

王様は、バットを持ってんだよ

あるキングあるキング

徳間書店 2009-08-26
売り上げランキング : 75
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


伊坂さんの本は見つけたら反射的に買うことにしている。今までハズレはなかったけど、どちらかというと、今回みたいに本自体が薄めのものの方が好き。

プロ野球に仙醍キングスという弱小球団がある架空の世界。そこで唯一のヒーローとして活躍した南雲慎平太が、その監督人生最後の試合に、相手チームのファールボールのせいで命を落とす。熱狂的ファンの山田夫妻はその屈辱的な試合を見ながら、一人の子を産む。「王(キングス)が求め、王に求められる」で王求(おうく)と名付けられたその子。図らずも「球」という字を崩したその名前の子供は親の期待通り異常な野球のセンスを見せる。

アマゾンに伊坂さんが手書きした言葉。あるキング

誰も読んだことのないような伝記を書いてみました。


伝記…伝奇も掛けてるのかも。確かに語り手も今までにはなかっただろう。…ってか、これを伝記と言い切るところが凄いな(笑)

いつものテイストとは少し違うかもしれない。伏線の鮮やかな回収で魅せる訳でもなく、胸がすくようなお話でもない。しかし、文章の巧さ・力強さは紛れもなく伊坂さんのもので、読んでいて気持ちいい。

不思議な世界観なのに、グッと引き込まれる。ベタなようでいて、きれいなオチ。

いつも何かテーマがある気がする。そのテーマを嘘くさくなく読者に読ませる。とびっきりの嘘で以て。
今回も後味まで爽やかで。

★★★★★(星5つ)
アマゾンのレビューはこんな感じ。

自分では、けっこう早めに読んだつもりだったけど、もう8つもレビューがある。
この本を読んでる最中にRSSリーダーに2009-09-03 - 政宗九の視点なんて記事も飛び込んできたし…。読み終わってから読んでみると、この記事のまとめ方が、また上手いんだ。

「政宗九の視点」さんの記事では良い評価の様子だけど、アマゾンのレビューの評価は思ったより低め。テイストの変化がダメみたい。

僕には良く分からないので、伊坂さんが好きな人はその変化球も楽しむつもりで手に取ってみると良いかと思います。意外と遠くに打ち返せるかも?

…僕ってば、何てつまらない。
スポンサーサイト


広告


コメント

  1. 樽井 | URL | -

    Re: あるキング

     こんばんは。
     今度の伊坂さんは野球ものなんですね。最近は政治ネタが多かったんだけれど、これだととっつきやすいかな。文庫に落ちたら絶対に読みます^^

  2. MaThy | URL | -

    Re: Re: あるキング

    樽井さん

    こんばんは。
    いろいろ意見が分かれているようですね。
    とっつき易くて、面白くなかったんじゃあ、意味ないですし・・・(笑)
    文庫まで待たれるのは賢明かもしれませんね。

  3. 自称エリートサラリーマン | URL | -

    Re: あるキング

    はじめまして。

    独特の切り口のすばらしいブログですね。
    私も書評ブログをやっているのですが、
    もしよければ相互リンクしていただけませんか?

    当サイトの情報は下記のとおりです。
    ○サイト名: エリートサラリーマンのビジネス書レビュー
    ○URL: http://dreams7.net/

    何卒よろしくお願いします。

  4. MaThy | URL | -

    Re: Re: あるキング

    自称エリートサラリーマンさん

    どうもはじめまして。
    こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。
    ご覧の通り、更新のほとんどないブログで申し訳ありませんが…

    >独特の切り口

    …(照)
    何のことをおっしゃっているのか分かりませんが、嬉しいです。ありがとうございます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/171-993f4836
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。