スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新参者

2010年01月03日 08:19

なぜ日本橋にやってきたのかも不明です。この街にとっては謎の新参者というわけだ

新参者新参者

講談社 2009-09-18
売り上げランキング : 207
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


かなり話題になってましたね。『このミステリーがすごい!2010』でも1位だったようですし。偶然この時期に読んでいたお陰で、2010年の一冊目を何にするか悩まずに済みました。ラッキーです。

講談社の特集ページでは東野さんの短いメッセージなんかも読めるみたいですね。
講談社 BOOK倶楽部:新参者

最後のドミノを倒したときの達成感は、作家として初めて味わうものだった。


東野さんがドミノで例えているように、この本は連作短編になっている。読者は、きれいに倒れていくドミノの一部をところどころアップで見ていくことになる。いろんなところできれいな模様ができて、東野さんが達成感を味わった、気持ちのいい絵柄が浮かび上がる。

加賀恭一郎って刑事の本はシリーズなんですかね?何となく読んだことある気もしますが、有名な主人公のようです。ある女性が被害者の殺人事件を、所轄の刑事という立場で捜査するのですが、一つ一つの着地点は微妙に事件の捜査からズレているように見えます。
それに対して話の中で登場人物から疑問を投げかけられるんですが、それに応えて曰く、

捜査もしていますよ、もちろん。でも、刑事の仕事はそれだけじゃない。事件によって心が傷つけられた人がいるなら、その人だって被害者だ。そういう被害者を救う手だてを探しだすのも、刑事の役目です


丁寧に刑事の役目を果たしていき、もちろん、「皆が幸せに」とは行かないけれど、一番上手くまとまる形で事件が解決する。

ちょっとお話が薄いと思いました。今回は、この形式と人形町の雰囲気を見せたかった、ということだろうけど、「東野さんのお話は重い」という印象だったので意外だった。もちろん、薄い方が好みなので、満足度としてはプラスだけども。
ファンの人は、東野さんのお話に対して、どんな印象を持ってるんだろう?僕が間違ってるのかな…?

僕の東野作品への印象はさておき、上手いお話も、優しいお話も、薄めのお話も好きなので、この本に関してはかなり満足できました。
★★★★★(星5つ)
アマゾンのレビューはこんな感じ。

それなりの評価。

凄く面白かったという意見の人と、面白いけど大当たりではないよね、という意見の人がいるみたい。1位の本でも「大当たりじゃない」と言わせる辺り、期待のされ方がハンパないですね。

確かにミステリ小説として見ると、オチが凄い訳でもないし、毎回読者に全てのヒントが与えられている訳でもないし、物足りないのかもしれません。
お話に心から満足できない人には、「こんなの期待してた訳じゃないぞ」と言われてしまうのかも。

…なんてハードルの高いお仕事してるんだ(笑)

改めて、薄いお話が好きな僕には手が出しにくい存在だなぁ、と思いました。
スポンサーサイト


広告


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/178-5288cb3f
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。