スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺意の集う夜

2010年05月06日 02:33

それらの六人については、殺したのはあたしだ。

殺意の集う夜 (講談社文庫)殺意の集う夜 (講談社文庫)

講談社 1999-11-12
売り上げランキング : 325648
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

前回に続き、10年くらいあけての再読。面白いって分かってる本を読むのは、ストレスフリーで良いもんですね。懐かしさもあって、楽しい読書でした。

六人部(むとべ)万理は、友人の四月(わたぬき)園子に、なかば強引な手口で、山奥の別荘に連れて行かれることになる。二人は大学生。別荘の持ち主は、二人の大学の教師で一日宮(みのり)和徳という。この男は既婚者であるが、園子に猛烈に迫られている。そして、既に万理と不倫の関係にあったりする。

別荘についてみると先生がいないことが判明する。帰ろうとしてみるが、折悪く嵐の影響で帰り道が寸断されているという。別荘に泊まるしかないのか?なんて話していると、次々「嵐のせいで帰れなくて…」なんて人たちが別荘に集まってくる。何か、癖のありそうな人たちばかりがワラワラと。

万理はちょっとした勢いで、別荘にいる園子以外の全員を殺してしまう。不幸中の不幸…中の幸いと言うべきか、園子も何者かに殺されて死んでいる。「幸い」というのは「園子を殺した犯人に全ての罪をなすりつけてやれ」なんて考えから出た錯覚でしかないのだろうが、兎にも角にも、万理は園子殺しの犯人を推理することに。

さて、嵐で隔離された別荘で、本当は何が起こったのでしょうか?

物凄い展開です。勢いで六人の人を次々と殺していく下りは、ある意味、圧巻。
提示したいパズルのために、そのパズルが成り立つ状況を作る。それが、多少無理やりでもいいじゃないか、という開き直り。元々、異常な状況であるのだから、読み物として面白くあればいいじゃないか、そんな開き直り。
果てしなくシュール。それが、凄く良い。

しっかり、ふんだんに盛り込まれた技の数々が、次々と繰り出されてくるので、最後まで飽きない。お話のテイストが嫌いでさえなければ、おいしく頂けるんじゃないか?そう思う一冊。
★★★★★(星5つ)

アマゾンのレビューはこんな感じ。

評価悪いですね(笑)
でも、レビューの中で最も参考になったという評価のものが「特に伏線も無かった」って内容だったりして、個人的には読んだ人が悪かったのでは?なんていうヤケッパチの印象。
だが、でも、しかしながら、このレビューがどこに言及しているかは若干アバウトなため、断定できないですが、少なくとも僕は、いずれの部分にも伏線はあったように思うのです。

ただ「伏線が多すぎる。大量の伏線に対して、十分なすっきり感ではないでしょ?」という意見があるみたい。
これに関しては…そういった感はあるかもしれない。十分面白いとは思うけど「もっともっと」という声はあるのかも。読書に対する期待が僕より大きいんだろうな。そういう人に、是非、普段読んでる本を教えて欲しい。たぶん、これを読んで「もっと」と思う人とは趣味が合いそうな気がする。

本書の特徴的な部分である「パズルのための異常な状況設定」について、その状況が発生した理由付けの部分が「不自然でしょ?」という意見があるみたい。これは、上でも少し書いたように「面白ければいい」という開き直りだと思うのだけど、どうだろう?それが面白く感じない人には、全くダメなんだろうな、とは思う。
「良いバカミス」と誉めている人もいたから、人それぞれなんだろう。

総じて、楽しめる人・楽しめない人の幅が広そうだな、と感じました。
スポンサーサイト


広告


コメント

  1. 書籍の感想とレビュー■まあ | URL | SFo5/nok

    Re: 殺意の集う夜

    こんばんは。

    自分の知らない本が紹介されてると
    興味を持ちますね。
    楽しませていただきました。

    またお邪魔させていただきます!

  2. MaThy | URL | -

    Re: Re: 殺意の集う夜

    まあさん

    楽しんでいただけて何よりです。ありがたいことです。

    まあさんのブログは、最近作られたばかりなんでしょうか?
    それでも、確かに傾向の違いを感じますね。
    こちらからも、是非遊びにいきたいと思います。
    よろしくお願いします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/182-d24c5f51
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。