スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PK

2012年08月16日 03:44

「今から思えば」大臣は半分、意識せずに洩らした。「試されていたのかもしれない」
「何を試されたんですか」秘書官がすぐに質問してきた。
「たとえば」大臣は少し間を空け、考えた後で、「たとえば、勇気の量を」と言う。


PKPK
伊坂 幸太郎

講談社 2012-03-08
売り上げランキング : 10132

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ちょっと前に読んだ。
…久しぶりだから、どんな書き方してたか分からん(笑)→適当に

面白かった…とイキナリ書いてみる。
伊坂幸太郎らしい、と感じた。

3つの中編から成っている。3つのお話はしつこくない程度に関係している。
1つ目のお話は「PK」
大臣が秘書官に調査をさせる。「ワールドカップ予選で小津選手がPKを決めることができたのは、なぜか?」

2つ目のお話は「超人」
ある男には、将来の殺人者の名前がメールで送られてくる、という特殊な能力がある。彼は将来の殺人者を、事前に殺す。

3つ目のお話は「密使」
人類の未来を託された密使は、ゴキブリ。そこに、時間をちょっとだけ人から盗める男が現れる。

さあ、断片的だ。たぶん、そんな断片をいい具合に結びつけて、お話ができてる。
いい断片を、無理なく結びつける。そんな伊坂幸太郎らしさ。

勇気が試される。戦うのか、戦わないのか。
どうしようもないくらい大きなことに対して、戦うと決めること。
ドキドキしてどうしようもないことが、淡々と。
いや、淡々としてるから、ちょっとドキドキするのかも。

やっぱり、どこまで書いていいか分からないから、記事の内容はフワフワしてしまうけども、良いもの読んだ感が伝わればいいのに。

★★★★★(星5つ)

アマゾンでの評価

思ったよりは良くない。けれど、レビューの中身を読んでみると、うなずけるところも。
確かに、僕も伊坂幸太郎の初期の頃の作品の方に、グッとくる。
そんな人は不満もあるだろう。

もっともっと、ど真ん中の、分かりやすい、アレが欲しい。
そんな気持ちは分からんでもない。

もう、ああいうのは書かないのかな?

しかし、これはこれで良いものだ、と思う。
なんだ、この果てしなく、いい加減なしめ方は。

でも、いつもこれくらい適当だったはずだ。
久しぶりだけど、そんな都合のいいところだけ思い出してみたり。
スポンサーサイト



広告


コメント

  1. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

  2. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

  3. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/185-b817e5a4
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。