スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トーマの心臓

2006年05月29日 21:51

『トーマの心臓』萩尾望都


翼・・・あげる
  ぼくはいらない



凄い本だったと思う。人によっては上の引用を読んだだけで、内容を思い出して泣いてしまうんではないだろうか?

いろんな人がいろんなところで萩尾望都さんのことを天才だと言っているが、少なくともこの本を読めば、けっこう納得がいくのではないか、と個人的に思った。

ストーリーだけでも十分引き込まれるところに、この絵、このセリフ。やりすぎだ。
そして、僕がまだ気がついてもいない、やりすぎがまだまだこの本の中にはあるだろう。

ここまで何回読んでもいい本というのはなかなかないのではないか、と思う。

僕の評価は★★★★★(星5つ)
まあ当然か。


アマゾンのレビュー
はこんな感じ。
一番初めのレビュー(星が4つのやつ)で読むのをくじけそうになったが、その後はいたって好感が持てるレビュー。みんな信者ではないか?(笑)
星が2つの人が一人いて、確かに人を選ぶ本なのかもしれない、とは思った。
でも、この本に選ばれた人の方が圧倒的に幸せだろう・・・・・・ってここまで誉めるとやりすぎな気がするな。反省。
スポンサーサイト


広告


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/23-a33d1ae8
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。