スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

εに誓って

2006年05月31日 22:58

『εに誓って』森博嗣 講談社


そう、生と死の狭間が美しい。その境界だけが、朝日や夕日のように特別に輝く


また買ってしまった。森さんの本を。(倒置法)

これが一度はまったものの弱みだろうか?

今回のはバスジャックの話。バスの中と外で話が進み・・・

何かを少しでも書くと内容に触れそうでヤダ。


近頃の本は若干手抜きな気がしています。今回はそこそこかもしれませんが、誤字とか誤字以上のものとかが見つかったり、前に使ったのと似たようなトリックだったり。

はじめの方が良かっただけに、ネタが尽きたのかな?とか勝手な想像をしてしまう。いや、これは尽きてるな、実際。…と憶測の癖して断言する僕。

まあ、日本語が上手で、お話が面白いんで、僕は満足したんですけど。

僕の評価は★★★★☆(星4つ)
いや、だって、面白かったよ?実際。(なら、初めからそう書けと自分でツッコミ)

アマゾンのレビュー
はこんな感じです。
こんな早くレビューする人なんて森マニアだから(人のこと言えないけど)、自然評価はよくなる。でも、僕もマニアだから評価が大きくなってるわけで…。
い、いや、でも、レビューは主観的であればあるほど、価値があるわけで。言い訳してみた。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト


広告


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/24-41f91284
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。