スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決断力

2006年06月08日 20:01

決断力 決断力
羽生 善治 (2005/07)
角川書店
この商品の詳細を見る



私は、積極的にリスクを負うことは未来のリスクを最小限にすると、いつも自分に言い聞かせている。


ということで、読み終わりました。決断力。

基本的には羽生さんが将棋を通して得た決断に関する考えを述べている。
かなり将棋の話であるが、要所要所で他分野での例を挙げたりするあたりがお洒落だった。

この本は非常に読みやすく、羽生さんの考えも非常に興味深いものであった。
直感、経験と情報、集中力、才能。
決断に必要なもの、それを邪魔するもの、そしてその理由が「羽生さんって本当は物書きなんじゃない?」と思わせるくらいのレベルで書いてある。

決断力はこうしたらつく!みたいな押し付けがましいものではなく、こういう考えで決断すれば、上手くいくのではないでしょうか?という感じなところも好感が持てる。

僕は「一流になりたかったら、まずは一流の人の真似をしろ」という言葉が好きだが、羽生さんの真似はするべきところだと思った。


でも、何よりこの本で素晴らしいと思ったことは「この人、本当に将棋好きなんだなぁ」と思えたところだった。


アマゾンのレビュー
はこんな感じ。レビューが多くて(60件)全て読めなかったが、みんなけっこう楽しんでいるようだった。
とりあえず、簡単に読めるし、将棋の世界のことも興味深いし、羽生さんかっこいいし、という意見だったように思う。
僕も強く同意だ。
スポンサーサイト


広告


コメント

  1. piero | URL | -

     ブログランキングをクリックしておきました。

     決断力は何事においても重要ですね。

  2. MaThy | URL | -

    ありがとうございます

    わざわざすみません。

    ありがとうございました。

    決断力・・・重要ですが、獲得が困難ですね。
    欲しいものです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/26-490308d9
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。