蒲公英草紙

2006年06月27日 12:22

蒲公英草紙―常野物語 蒲公英草紙―常野物語
恩田 陸 (2005/06)
集英社


この商品の詳細を見る



「よくやったな、聡子。お父様は、聡子を誇りに思うぞ。本当に、よくやった。それでこそ、槙村の娘ぞ。お父様は、立派な仕事をした聡子を笑って出迎えるぞ」


『常野』と呼ばれる不思議な力を持った人たちのお話。

20世紀のはじめ、地方の名家槙村家にいた聡子という女の子のお話。

心臓が悪く、ずっと病弱だった聡子と峰子(この本の一人称)を中心にお話がが展開していきます。

槙村家に集まる、少し変わった人たちの心温まる話、またその人たちのこれまでの苦悩の話。

そして、そのお話の末、事件が起こります。
豪雨で、村が流されかけるのです。


切ないお話でした。

いいお話だ、と思いました。


最後が何のために書かれているか分からなかった僕にとっては、歯切れの悪い終わり方に思えましたが、それは見なかったことにしてしまいました。


★★★★☆(星4つ)


アマゾンのレビュー
は何だかよく分からなかった。まあ、平均すると星4つみたいなので、面白かったという評価なのだろう。

いいお話だったけど、とか、この部分は必要ない、こうして欲しかった、という意見が多い。
僕が小説に関するレビューを書くときに、最も書きたくない言葉たちだ。これを書く人たちは正直ものじゃないと思う。
というわけで、このレビューは思ったまま書かれているかという点に疑問が残る。つまり、レビューを書こうと思って、文章を作ったのではないか、という気がする。

むろん、僕の思い込みの可能性が高い。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト


広告


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/31-84724b39
    この記事へのトラックバック