鉄筋コンクリ―ト工学

2006年08月29日 13:51

鉄筋コンクリート工学 / 岡村 甫

今回は絵すらない、マイナーな本だ。
大学院入試で使った本。
普通の人が読んでも絶対つまらない。そんな本。

実際、この本はめちゃくちゃ味気ない。
よそ見せず、むしろ、何も見ず、淡々と進んで行く。

書いてあることは、コンクリートのこと、鉄筋のこと、そしてそれらの組み合わせと耐力のことなどについてである。
例えば、鉄筋コンクリートの曲げモーメントに対する耐力なんかの計算の仕方が延々と書かれている。
コンクリート部分にかかる圧縮力と鉄筋にかかる引っ張りが釣り合うから・・・中立軸の場所が求まって・・・圧縮と引っ張りがかかる時の腕の幅が・・・

何が面白いのか?

いや・・・とりたてて、何も。

だが、鉄筋コンクリートについて真面目に勉強したい人にはオススメ。
必要なことだけが、本当にずっと書いてある。

僕の満足度は★★★☆☆(星3つ)
ただ、やはりどう考えても面白くはない。

スポンサーサイト


広告


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/39-1479a20e
    この記事へのトラックバック