スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花に舞

2006年09月02日 20:50

麿の酩酊事件簿〈花に舞〉 麿の酩酊事件簿〈花に舞〉
高田 崇史 (2006/07/12)
講談社
この商品の詳細を見る


春まだ浅い古都、鎌倉。


というわけで、院試が終わり、一番初めに読んだ軽い本がこの本だ。
今まで読んでいた本との落差のせいかとても軽く、その軽さが心地よかった。

この本は『麿の酩酊事件簿』というマンガのノベライズ作品らしい。
高田さんらしいマニアックすぎる謎たちが出てこないのはそのせいかな?とか思ったりもする。
ディテールへのこだわりはいつも通りとても強く感じるけれど。

お話は常に、嫁を探す金持ちの主人公が、女性と出会うところから始まる。
その後の流れも決まっていて、
がんばって仲良くなり、食事に行く→お酒を飲む→主人公の別人格みたいなのが出てきて、その女性に関する問題を解決→感謝しながら女性が去っていく
という感じ。
もの凄い安易な流れだ。

文章は高田さんが書いたものだから、とても上手い。
僕はこの人の文章はとても好きで、この本でもそれは変わらない。

また、表表紙がとてもきれいだと思う。
僕にとってはこれは凄く重要なことだ。
実際は、背表紙や裏表紙などと合わせるとどれほどきれいかはわからないが、表だけはけっこう気に入ったのである。

引っかかるとしたら、やっぱりその安易な設定だろうか。
短編だからしょうがない・・・?
だけど、次が読みたいというような欲求はあまり起こらない。
力が入りきらなかった。
そういう本に仕上げた、という言い方もできるのかもしれないけれど。


そんなこんなで僕の評価は、★★★★☆(星4つ)


アマゾンでの評価は、新書版の方に一つあっただけであったので、あまり参考にならないが、そこそこ面白かったそうです。
良かった、良かった。


スポンサーサイト


広告


コメント

  1. ボンズ | URL | -

    こんばんは

    初めましてボンズです。

    ブログで収入を得たいと思っても、全然収入が無いと嘆いてませんか?

    そこで、サプライズなサービスが昨日出来ました。

    まさに、Win-Win-Winなビジネスモデルです。

    簡単にいうと、あなたのブログやサイトに広告を掲載して、

    アクセス数に応じて報酬をもらえる仕組みです。


    「アクセス数に応じて」です。。。

    ぶっとびます。

    それでは又遊びに来まーす♪



  2. MaThy | URL | OARS9n6I

    はじめまして。

    何だか、お疲れ様です。

    そこまで収入が欲しいわけではないので、今のところ「嘆く」までは行ってません。

    アクセス数もないことですし。

    僕はそれで、企業側がやっていける理由の方が気になるタイプです。
    不思議ですね。

    では、また来てくださることを心から楽しみにしております。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/40-1d0575f6
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。