スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

λに歯がない

2006年09月25日 02:32

λに歯がない λに歯がない
森 博嗣 (2006/09/06)
講談社



この商品の詳細を見る



自然の摂理に逆らう、というのは、早く死のうとする行為?それとも、遅く死のうとする行為のこと?


といわけで、森さんの本だ。
はずさないで読んでいる。

今回は主要なメンバーが実験していた隣の建物で殺人事件が起こるところから始まる。
密室殺人だ、ということが強調されまくっていた。

今回のお話も森さんらしくて僕は良かった。
お話というのは、謎の周りの部分のことだ。
そして、謎の部分も近頃の手抜きな謎よりは、まだ幾分マシだったように思った。

でも、結局、専門知識を少し加工しただけの手抜きってことなのかもしれない。
っていうか、このシリーズ自体がその専門知識を使った謎限定のシリーズなのかもしれない。

でも、ちょっとばかし、読みきった後に「こんなんでいいのか?」という気持ちが消えない。

とりあえず、問題自体の質を評価すると、そんなにいい問題じゃない。

まあ、ファンとしては、★★★☆☆(星3つ)
ってところか?

読む人が読めば、下がりそうな気がする。

ちょっと時間がないので、アマゾンの評価は読めない。
用事が済んだら、読んでみようと思う。

スポンサーサイト


広告


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/43-474cd99e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。