ひらめき脳

2006年05月13日 23:19

ひらめき脳 (新潮新書)ひらめき脳 (新潮新書)
茂木 健一郎

新潮社 2006-04-15
売り上げランキング : 6281
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


時速二十キロで走る友達と会話をしながら、
僕は時速十キロで走った。

アハ!センテンスと呼ばれるものらしい。
一見何の話か分からないセンテンスが、ある背景を追加することで、明瞭になるという話だ。これにどんな背景があればストレスなくこの文章が読めるのか、ということをここに書いてしまう勇気はないが、気になる人がいるならば、本屋で立ち読みなどしてみてはどうかと思います。

内容はとても面白いものでした。ひらめきに関してその特徴やメカニズム、重要性などがとても平易に、しかも、読者が興味を持ちそうなところはしっかり押さえて書いてあります。
例えば、感情が理性と同様に高等な機能であることなど、言われてみればそうだけど、なるほどと思わずにはいられないことだらけの本でした。

大切なことはストレスにならない程度に繰り返され、面白い例が跋扈し、流れも滝のように淀みなく・・・と、こんな風に誇張して書くと胡散臭いですが、実際ちょっと誇張したくなるほど面白かったんスもん。
結局「ひらめきで人生が豊かになる」ということもすんなり受け入れさせられた感じです。

僕の評価は★★★★☆(星4つ)

アマゾンのレビュー
はこんな感じですね。
スポンサーサイト


広告


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/5-2fc2680c
    この記事へのトラックバック