スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経済学のための数学入門

2006年10月29日 18:58

数学は経済学にとって「厳密な議論を行うために、いまやなくてはならない道具」なのです.

経済学のための数学入門経済学のための数学入門
神谷 和也

東京大学出版会 1996-01
売り上げランキング : 213669
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本は、経済を学ぶ大学生のために書かれたものらしい。初心者から上級者まで、という触れ込みだ。僕は理系の人間で、たまたま経済学部の数学の授業を受けた際にこの本を買った。それで思った。
この本、意外と優秀だぞ、と。

とても分かり易く書かれているし、よくまとまっている。それでいて、そんなに薄い内容でもない。
理系の学生でも数学初学者には、悪くないと思う。中身が特に経済学に偏っている、というわけでもない。ってか、普通の数学の教科書じゃないか。しかも、凄く分かりやすい。

集合とか真面目に議論して、実数の定義とかも真面目に。収束も、ε-δとか使って真面目に。途中で、線形代数っぽい話題を混ぜるのも、経済学のために数学って立場をうまく利用していると思う。その点も、数学初学者にはうれしいはず。何より、文系の生徒を対象読者としているので、バリバリの数学の教科書より、圧倒的に読みやすい。

途中から、突然、不親切にレベルが上がる気がするし、その部分においては定理の使い方も分かりにくくなるが、それはどんな教科書であったとしても、解決が難しいことかもしれない。他の本と比べてもわかりやすさにこだわれている方かな?と思う。

大学の数学ってどんなことやっているのかな?と思われる方には軽くオススメの本である。意外と面白いことやってる、と思えるかもしれない。それでもやっぱり、大学生の教科書ではあるけども(笑)

僕の満足度は★★★★☆(星4つ)
アマゾンのレビューはこんな感じ。

初学者には難しいらしい。例が少ない、というのもその通りで、「経済学のための」っていうなら、そういった例をたくさん入れればいいのにな、って僕も思った。
だけど、難しいかもしれないが「分からない」とは僕は思わない。文系の人には辛いのかもしれないが、じゃあ逆に、理系の人はここから始めてもいいんじゃないか?と思う。

そして、第1章が相当いいことが書いてある、という評判であるので、立ち読みでおいしいとこ取りしてみるっていうのもいいんじゃないでしょうか?
とにかく、専門書でそこそこレビューがある珍しい本なので、やっぱりちょっと見てみる分にはいいと思います。
スポンサーサイト



広告


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/50-2e2a33b0
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。