スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローマ人の物語

2006年11月08日 04:24

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上)    新潮文庫 ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) 新潮文庫
塩野 七生 (2002/05)
新潮社


この商品の詳細を見る


ローマ人の物語 (2) ― ローマは一日にして成らず(下)    新潮文庫 ローマ人の物語 (2) ― ローマは一日にして成らず(下) 新潮文庫
塩野 七生 (2002/05)
新潮社


この商品の詳細を見る



知力では、ギリシア人に劣り、
体力では、ケルト(ガリア)やゲルマンの人々に劣り、
技術力では、エトルリア人に劣り、
経済力では、カルタゴ人に劣る


「なぜ、ローマ人だけが」


それでは今から、私は書きはじめ、あなたは読みはじめる。お互いに、古代のローマ人はどういう人たちであったか、という想いを共有しながら。



まず、簡単に言うと、こんな面白い本ってなかなかない、ということである。
土木を大学で勉強している僕は、これのハード版の第十巻にあたる『すべての道はローマに通ず』を授業の推薦図書として読んだ。
これからも分かる通り、専門書として読むこともできる内容の濃さ。
しかも、本当にびっくりしたが、これが飽きない。
大学の先生もこれくらい面白い授業をしてみろ、って言いたいくらい面白い。

とりあえず、何冊にも渡るローマ人の物語の一区切り目『ローマは一日にして成らず』の文庫版の話をしよう。
今回2回目を読み、レビューを書くに至った。
何度読んでも飽きないことおびただしい。

たぶん、このローマ人の物語を通じて問われることになるであろう「なぜ、ローマ人だけこんなに長い期間繁栄を続けられたのか?」という疑問に対する足場作りが『ローマは一日にして成らず』ではなされる。
「たぶん」と言ったのは、まだ全部読んでいないからで、途中で完璧な路線変更が成されるかもしれないからだ。
それはそれで、楽しみだ。

ローマ人のルーツを語る神話からはじめ、イタリア半島統一までを語る。
ローマは元々本当に小さな一部族だった。
それが、ゆっくりゆっくりと、その力をつけていく。
時には蛮族の侵入を許し、その存続の危機に陥りながらも、それでも失敗を一つずつ乗り切り、成功を最大限に利用して、ローマが大きくなっていく。

その過程が本当に面白い。
ワクワクする。
内容もてんこ盛り。
もう、どこについて書いていいか分からない。

ローマ人の性向を書くべきなのだろうが、たぶん僕が書くと若干の嘘が混じるだろう。
諦める。

とりあえず、一押し。
しかも、まだまだ何冊も続くというのが本当に嬉しい。
評価は★★★★★(星5つ)


アマゾンのレビューはこんな感じ。
最早絶賛に近いだろう。
時々ある星2つや星3つは気にしなくていいと思う。
「3つ」のレビューはなぜ星を減らしたのか分からないのや意味不明なもので構成され、一つだけある「2つ」のレビューは何かのネタだろう。
思わず吹きだした。

そんな本である。
本屋で見つけた際には是非一度手にとって欲しいと思う。

スポンサーサイト


広告


コメント

  1. じっちゃん | URL | 4o1CV0zs

    一度挫折してます

    はじめまして(※)、じっちゃんです。
    私のブログへのご訪問&コメントありがとうございました。

    ※ですよね? このブログには何度も訪問させていただいているので、コメントするのが初めてなのかどうかわからなくなってしまいました(笑)

    『ローマ人の物語』は最初出た時にハードカバーで読んで、
    途中で挫折してます。
    挫折の理由はもはや覚えてませんが(;^_^A
    でも、以来ずっと気になっていて
    再チャレンジしたいなと思っていました。
    そしたら、最近なぜかいろいろなブログで
    『ローマ人の物語』のレビューを目にします。
    これも何かの啓示なのかも知れません。
    Mathyさんの絶賛レビューを拝見したのをきっかけに
    も一度チャレンジしてみようかな。

  2. MaThy | URL | OARS9n6I

    どうも、こんにちは。
    ラーメンの記事に押しかけたのにもかかわらず、普通に本の記事にコメントしていただいて、何だかすみません。

    ローマ人の物語…
    僕は絶賛ですが、確かに癖のある文章だとは思います。
    それがあっても名著だと思うんですが。
    もし、お読みになられて、たまたまお気に召されるようなら、これに勝る喜びもありません。
    でも、気に入らなかった場合、責任も取れません…orz

    是非、気に入って下さい(笑)
    コメントありがとうございました。

  3. じっちゃん | URL | 4o1CV0zs

    >でも、気に入らなかった場合、責任も取れません
    責任は取られなくて結構です(笑)
    お互い様ですから。
    たとえ他の人からの推薦で手に取ったとしても、最終的に選んだのは自分ですからね。

  4. MaThy | URL | OARS9n6I

    わざわざ、ありがとうございます。

    確かに、そうですけどね。
    少しでも接触のあった人が、僕が絶賛した本を読む、ってなかなか凄いことだと思いまして。
    しかも、一度挫折したものを。
    それで、お気に召さなかったら、多少微妙だな、と思っただけでした。

    全く接触のない人だと、全く何も思わないんですけどね(笑)

  5. じっちゃん | URL | 4o1CV0zs

    『ローマ人の物語』読み始めました。
    出張で仙台に行ったんですが、行き帰りに読むために持っていった本2冊のうち1冊がつまらなくて、帰りに読む本がなくなりそうだったんで、仙台の書店で急遽買い求めました。

    まだ読み始めたばかりなので評価はこれからですが、文章がちょっと硬いかなと思うものの面白く読めてます。

  6. MaThy | URL | OARS9n6I

    行動早いっすね。
    そして、何だか一安心です。
    わざわざ報告くださりありがとうございました。

  7. じっちゃん | URL | 4o1CV0zs

    トラバさせていただきました

    読み終わってレビューを書いたのでトラバさせていただきました。ご覧いただけるとうれしいです。

  8. MaThy | URL | OARS9n6I

    ご丁寧にありがとうございます。
    心して読ませていただきます。

  9. bob | URL | -

    はじめまして。

    私は未読です。
    よんでみたくなりました。

    日経夕刊文化欄でインタヴュー記事が載ってました。

    15年かけて完成させたというのは、
    凄いエネルギーだと思います。

    もう70歳になられるんですね。
    尊敬します。

    興味深い感想文を読ませていただきました。
    ありがとうございます。

    また遊びにきますね。

    よろしくいお願いします。

  10. MaThy | URL | OARS9n6I

    bobさん。
    コメントありがとうございます。
    本当に凄い情熱ですよね。
    僕も塩野さんを尊敬しています。

    興味深いと言っていただき、本当にありがとうございます。
    また来ていただけると本当に嬉しいです。
    こちらこそ、よろしくお願いします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/51-9ffee239
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。