ソフトタッチ・オペレーション

2006年11月19日 21:49

ソフトタッチ・オペレーション ソフトタッチ・オペレーション
西澤 保彦 (2006/11/08)
講談社


この商品の詳細を見る



ひょっとしたら彼らの死の原因をつくったのはぼく自身だったんじゃないか、と。僕が料理を振る舞ってやった相手は必ず不慮の死を遂げるという、超自然的な法則が、知らないうちに確立しているのではないか、と。


そんなわけで、西澤さんの本だ。
大好きな作家さんである。

西澤さんの本は基本的に胡散臭い設定に支配されている。
って、一部のシリーズとか単品とかの話だけど。
超能力だとか、超自然な現象とか、他にも何と名づけていいのかすら分からない法則が跋扈する。
だが、その設定は厳格に守られるため、読みたくなくなるような異常さはない。
しかも、文章力、構成力がハンパないので、他の適当な本なんかよりは圧倒的に面白い。

と、誉めちぎったところで今回の本である。
これは、5つの短編を集めた本である。
超能力犯罪を追いかける、という短編たちだ。
胡散臭いねぇ…(笑)

でも、これも面白かった。

相手に気づかれず家を追い出す方法、について考えはじめる一つ目の話。サイコキネシスが絡んでくる。
死んだはずの人が見える、二つ目の話。
迷い込んだ家で、そこの家主が語る、「食事を振る舞うと振る舞った相手が死んでしまう話」
テレポーテーションと雪の上の足跡と密室が絡んだ4つ目の話。
気がついたら、核シェルターみたいなところに閉じ込められていた、5つ目の話。

並べてみると、胡散臭いとしか言いようがない。
だけどね、それは食わず嫌いの発言で…

「ああ、なるほど」というオチがついていることだけは確かだと思う。
今回の奴はほんのちょっと弱かった気もするけども…

というわけで、僕の評価は★★★★☆(星4つ)
面白かった。

アマゾンでの評価(2008年2月更新)はこんな感じ。
3つのレビューに対して、星2.5個。
評価はけっこう落ちている。

だが、どれも力のこもったレビューで感じが良い。
少なくともこの3つのレビュー(古いほうから3つ)を読む分にはネタばれも少なく、また、西澤さんの本を読む場合、この本を一番はじめに選ぶのが間違いであることが分かる。
僕も、どうか他の良書をはじめに読んで、はまってしまってからこの本を読んで欲しいと願うところである。
はまってからなら、楽しめる人も多いはず(笑)
スポンサーサイト


広告


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/52-ae7a580d
    この記事へのトラックバック