スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セリヌンティウスの舟

2007年01月09日 00:30

セリヌンティウスの舟 セリヌンティウスの舟
石持 浅海 (2005/10/20)
光文社


この商品の詳細を見る


「セリヌンティウス。『走れメロス』に出てくる、メロスの親友の名前だ」


いやぁ、相当更新をサボってしまった。
その間、一体何冊の本を読んだか最早分からない。
一つずつでもまとめていこう。

この本は僕が読んだ石持さんの本の二つ目。
前の本は「扉は閉ざされたまま」だった。
あれが面白かったので、ネタに詰まった僕はこれを買ってきた。
うん。やっぱりそこそこ楽しい。

登場人物は趣味でスキューバーダイビングをする仲間たち。
昔、嵐の海に投げ出され、そこをみんなで生き抜いた。
それ以来、年齢・性別を超えた深い仲間になったという。

ある時、彼らが潜りにいって、帰りに飲み、朝起きてみると、仲間のうちの一人が死んでいた。
彼女の死は自殺として処理される。
その点には、みんな納得する。
この本で扱われる謎は「彼女はただ自殺したのか?」という点。

彼女は青酸カリの粉末を飲んで自殺した。
彼女が青酸カリの粉末が入ったビンを閉めずに放置したら、舞いあがった粉末が寝ている残りの仲間達を襲ったかもしれない。
彼女はそんなことを考えずに安易に自殺をしたのか?
それに彼らは『否』と答えを出す。
彼女がその可能性を考えなかったわけがない。という結論。
じゃあ、どうやってその恐れを取り除いたか?
仲間がいたのか…?

酒を飲みながら議論が続く。
同じところをいったりきたりの議論。
答えが出るのか?
仲間はいたのか?
そして、彼女の自殺の意味は?

なかなか新しい設定だと思う。
でも、議論部分がダラダラだった気もする。
謎自体の魅力も微妙かも。
人によっては「それがどうした?」とツッコんで終わりになりそうだ。
オチはそこそこだと思うんだけど…。

石持さんの本はまだ二冊しか読んでないが、何となくコースが分かった気もする。
僕の評価は★★★☆☆(星3つ)
薄いし暇つぶしなら良。タイトルも嫌いじゃない。

アマゾンの評価はこんな感じ。

オール2。
途中の議論のダラダラ感はみんなが感じた様子。
「扉は閉ざされたまま」のときは、全然飽きなかった議論部分がこの本では、若干疲れた。
緊張感がなかったというか…。
好き嫌いは分かれそうだし、嫌いな人のほうが多そうな気もする。
そんな評価の本だ。
僕はタイトルと表紙にやられすぎたのだろうか?
まあ、いいや。

とりあえず、久々の更新はこんなところで。

スポンサーサイト



広告


コメント

  1. レビューda!ドットコム | URL | DxF5RXZI

    ブログ&Webサイト運営者様

    「レビューda!ドットコム-Reviewda.com-」がオープンしました。
    古今東西あらゆるものの評判やクチコミが集まるサイトです。
    従来のブログランキングなどとは異なり、
    同ブログ内の記事でも異なる記事内容であれば、
    URLを「クチコミ検索」というコーナーへ個別に登録可能です。
    不特定多数の方が投稿された記事を絞り込み検索して読まれますので、
    記事一つ一つがご自身のブログのアクセスアップにつながります。
    この機会に是非ご利用ください。

    http://www.reviewda.com/

    ※詳しいご利用方法はサイト内の各ヘルプをご覧ください。

    レビューda!ドットコム-Reviewda.com-

  2. MaThy | URL | OARS9n6I

    宣伝してくださりありがとうございます。
    でも、二度目となるとどうなんでしょう?
    僕に対して、じゃないようですね。
    次からは一応、コメントを返すのはやめておきますね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/56-8bb808d9
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。