スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水の迷宮

2007年01月26日 05:07

水の迷宮 水の迷宮
石持 浅海 (2004/10/20)
光文社


この商品の詳細を見る


『ようこそ 水の迷宮へ』

近頃、何もなかったら石持さんの本を読んでいる。
前回のセリヌンティウスの舟に続いて僕が読んだ3冊目。
そっちよりは満足。

水族館が舞台のお話。

かつては廃れていた水族館。
今となっては持ち直している。
ある日、水族館の生物たちが執拗な攻撃にさらされる。
次々襲われる生物たち。
さらに届く脅迫メール。
その日は、片山という水族館のスタッフだった男が死んでちょうど三年目の日だった。
水族館を立て直した際の中心人物だった片山。
深夜の水族館で死んだ片山の死因は、過労による心不全と判断されたのだが…

なかなか面白そうな設定。
実際、舞台は面白く、よく調べられているという印象も受けた。
時々書き込みすぎか?と思ったが、本当に時々だったと思う。

ぎりぎりで生物を殺さない程度の攻撃が続いた中、突然職員が殺される。
しかも、職員しか入れない場所で。
身内による犯行?
先もそこそこ気になる展開。

オチも素晴らしい!というほどではないが、しっかりしている。
ラストも感動!というほどではないが、良いものだった。
…ラストはちょっとくさすぎたかもしれない。
少しだけ不快だったかも(苦笑)

僕の評価は★★★☆☆(星3つ)
そこそこだったよ。

アマゾンのレビューはこんな感じ。
星の差が激しい。
ラストに問題があるとか。
確かに無理やりな感じは残る。
でも、僕としては、「お話はいいけど、全体的にくどく感じる」という内容のレビューに一番共感を覚えた。
たぶん、そこが一番乗り切れなかったところだろう。

というわけで、オススメできない本だ(え?)

スポンサーサイト


広告


コメント

  1. 藍色 | URL | -

    Re: 水の迷宮

    先日は、ありがとうございました。
    こちらにもトラックバックさせていただきました。
    トラックバックお待ちしていますね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/59-93d66ebb
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。