スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ηなのに夢のよう

2007年02月17日 05:30

ηなのに夢のよう ηなのに夢のよう
森 博嗣 (2007/01/12)
講談社
この商品の詳細を見る


「面白いことが、まだあるのね」
「過去にも未来にもあるわ」


はまったものの弱みとして、また買ってまた読んだ。
内容はどんどん薄くなっている気がする。
だが、その文章のお洒落さはまだまだ他の本ではかなわない、と僕は思っている。

今回は、困難な場所で首吊りをする集団が発生。
その現場には「ηなのに夢のよう」という一文が残されている。

やりたい放題か。

背後で進むお話、背景にあったお話、それらの枝葉だけが語られ。
弱いオチ。

やりたい放題か。

お洒落な文章じゃなければ、読めない。
今回のは謎自体も解決したのか微妙、というレベルだった。

僕の満足度は★★★☆☆(星3つ)
普通くらいか。
そろそろ満足いくレベルのが欲しい。
森さん…


アマゾンでの評価はこんな感じ。
やっぱり微妙。
これだけ読んだら酷いと思うよ。
確かに、このGシリーズと呼ばれるギリシャ文字で始まるタイトルのシリーズは変。
タイトルに意味もないし。
本当にどうなるんだろうね?
楽しみにしていいのかなぁ…?
ま、深く考えずに次を待つかな(って結局読むのかよw)

スポンサーサイト



広告


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. 山形県 | URL | idSxwv0o

    >お洒落な文章

    この言葉を見つけた時、何だか成る程!と納得してしまったので、ちょっとコメントを。
    今まで森さんのテツガク的表現って、私、「何をカッコつけてるんだか……。」とか思っていたんですが、「お洒落」っていう見方もあるんですねぇ。
    やっぱり自分と感性の違う人の意見って言うのは、面白いですし、為になりますね。私は結構、こう思ったら「こうだ!」としか考えられない、偏狭な視点の持ち主なので;

    それにしても、MaThyさんの記事はいつ見ても丁寧ですね。私なんて人間できてないくせにクッソ生意気な事ばかり書いているので、このブログを拝見する度に自分が恥ずかしくなります(汗)。
    そういう鷹揚な気構えを、少しでも見習おうと思います。

  3. MaThy | URL | OARS9n6I

    山形県さん

    いや、本当にみんないろんな感じ方しますよね。
    僕としては
    へぇ、そんなとこに気がつくんだ。
    へぇ、それをそんな表現すするんだ。
    って思えるところが好きです。
    でも実際、カッコつけまくってますよね、森さん。
    僕も時々鼻につきます(笑)

    ちなみに、僕も自分の考えに沿わせるように記事を組み立てますので、かなり偏狭です。
    さらに僕の場合、視点だけでなく、あらゆる点で偏狂でして、自分でもどうしたらいいのか困っています。
    アマゾンのレビューのレビューとか、自分でも恥ずかしくなるくらい恣意的な解釈しかできていないです(苦笑)

    丁寧…。
    ありがとうございます。
    でも、そう言っていただけるのは本当にうれしいですが、山形県さんみたいな良い文章で記事をつづれていない時点で、読み物としてのレベルは最低ランクだと思っています。
    もっと精進させていただきます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/60-8f6011fc
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。