スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詭弁論理学

2007年02月25日 21:11

詭弁論理学 詭弁論理学
野崎 昭弘 (1976/01)
中央公論新社


この商品の詳細を見る


なお「ゲーテはすべてのことをいった」という冗談もあるくらいで、名前でおどかそうとするときには、ゲーテは便利な人物である。「日本の文学者はダメですねェ、ゲーテもこの間テレビでそういってましたよ」


これもかなり前に読んだ本。かなり長い間売れている本だとか。なかなかいかついタイトルの新書だが、意外と軽くて面白い。

この本は詭弁・強弁とはどんなものか?ということを見ながら、議論に対するゆとりを得るための本。
強弁・詭弁が、様々な例を使って、分類されている。
例は歴史的に有名な事実であったり、ジョークだったり。
分類自体にあまり興味をもてなかったが、その例はどれも面白かった。
文章も全体的に、広く深い著者の知識に裏打ちされているとみえ、曖昧さがなくて心地よかった。

元々、僕は「言い負かす」ことにどんな意味があるのか分からなかった。
言い負かされた相手は、たぶん納得できずにいるだろう。
納得が得られない議論って…。
それを詭弁・強弁なんか使ってやった日には、議論に勝った人の印象も悪いし、納得も得られないし、いいことなしだ。
「言い負かす」のが得意だ、と言い張っている人を見ては、気持ち悪い思いをしていた。

…というのは議論下手で負けず嫌いな僕の意見。
でも、ユーモアのある文章で、しかも僕みたいな議論下手な人の立場に立ったこの本を読むと、少し気分が楽になった。
「ああ、そうか。詭弁・強弁なんて笑いのネタか」とか言うと言いすぎかな?

最後に、面白かった部分をもう二つほど引用してみようと思う。

?
本質的という言葉も、なかなかの曲者である。
「それはたしかに本質的な点をついている」
「それでは本質的な解決にならない」
「本質的な問題はそんなところにはない」
こういう場面での「本質的な」という言葉は、「おれがいいたい」と同じ意味ではないかと私は疑っている。


?
Nothing is better than my wife.
A penny is better than nothing.
Hence a penny is better than my wife.


僕の評価は★★★★☆(星4つ)
売れてますし、読んでみるのもいいと思いますよ。

アマゾンでの評価はこんな感じ。

16個しかないのは少し驚きだが、古い本だからであろう。
中身はコンスタントにいい評価。
星2つのレビューが一つあったが、そのレビューを読んでも星を減らした理由はあまり明確にはならなかった。

詭弁をつかって相手をねじ伏せようという本ではない、ということが書いてあったが、全くその通り。
僕も上の方に書いておくべきだったと反省。

1976年初版の本であることを考えれば、けっこうな評価の良さ、と言ってもいい気がします。
まだ読んでない方も立ち読みくらいされるといいかも…

スポンサーサイト



広告


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/63-a8f52c8d
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。