スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質問力

2007年03月06日 00:02

質問力―話し上手はここがちがう 質問力―話し上手はここがちがう
斎藤 孝 (2003/03)
筑摩書房


この商品の詳細を見る


沿うことを前提とした上で、角度を付けて少しずらしていくのが私が経験的に得たコミュニケーションのコツである。


『○○力』というタイトルの本が多い気がしてきた。
少しこういう本にしぼって本を読もうかな?と思って、はじめに選んだ本。

とにかくダラダラした本だ。
ページを進むごとに何かが得られていく、という本では決してないし、散りばめられているお話も面白いものではない。
たぶん内容のないものを一冊に引き延ばしたせいだろう。
時々、太字にされた部分があるが、なぜに太くされたのかは不明なところも多い。
日本語も「こんなの本にしていいのか?」と思うほど凡庸である。

質問を技化(わざか)しようという本らしい。
質問の種類を座標を使って分類しているのが、それに対応しているのだろう。
その座標上のこの部分に相当する質問をするようにしなければならない、というのが何回か繰り返される。
たとえば、座標上で具体的な質問を表すゾーンと、本質的な質問を表すゾーンが重なった、具体的で本質的な質問のゾーンに分類される質問をしよう、みたいな。
そしてその後、それができている(と作者が主張している)質問の例が挙げられる。

これだけ聞いてその人の中で技化できるなら、こんな本いらない。
これだけ聞いて技化できると思えないから、こんな本いらない。
どっちにしろいらない。
そんなことを思いました。

あなたの本があまりにも具体的でないことについて、あなたはどのように思っていますか?
という齋藤さんに対する質問を思いついたが、この質問は具体的で本質的だろうか?僕にはこの本を読んだ後で、それすら分からない。
ま、僕、頭悪いからね。

ただ、始めの方を読んで「いい質問ができるようにならないと」とは思った。
それは僕にとっていいことだったと思う。
他の面白い本で同じ結論を得ることができたら、嬉しかったな、と思う。

後、若干良かったな、と思うことを無理やり挙げるとしたら、この本に載せられている例であろうか。
いい質問がされた例だそうである。
「ホントにそれが良い質問か?」と思うような例が多くあるが、そのストーリー自体には時々興味を持てた。

一番面白かったのが、ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』からの引用。
そこでは聖書に書かれているキリストと悪魔の対話について語られている。
悪魔がキリストにする質問に対し、キリストが
「人はパンのみにて生きるものにあらず」
「神を試みてはならない」
「ただ神にのみ仕えよ」
という答えを返す。
『カラマーゾフの兄弟』中の登場人物は、そのキリスト教の本性を示す解答を与える悪魔の質問こそが凄いという評価をしている。
曰く「あの三つの問いの出現にこそ、まさしく奇蹟が存しているからだ。」
…『カラマーゾフの兄弟』って面白そうだな、と思いました(笑)

僕の評価は★★☆☆☆(星2つ)
星1つでも良かったが迷ったので2つにしてみた。

アマゾンでの評価はこんな感じ。

まあまあ良い。
これは予想通り。

面白かったという人にとっては新しい視点だったのだろう。
基本的に平易な日本語だし。
だけど、そんな人はもっと本を読んだ方がいいだろうな、と本気で思った。

少ない星のレビューの方が僕にはいいレビューに見えた。
ちょっと過激すぎるのもあるが、きっと下らない本過ぎて腹がたったのだろう。
この本なら、それも仕方ないことのように思う。
まとめると、適当に引用を貼り付けて、薄い内容をのばしただけの本。
著者に入った印税を考えると効率のいい本だ、というのが星少ない派の意見だろうか。
面白い意見。
たくさん引用があっても、その引用が適切だったり面白かったりしたら納得できるけど、この本はそれすら中途半端だったからなぁ。
仕方ない。

スポンサーサイト


広告


コメント

  1. かずくん | URL | -

    たしかに力ってついたタイトルって多いですよね…やっぱその方が売れるんですかね(^^;)
    レビュー見てたらなんかイマイチそうな感じですね…参考になりましたありがとうございます

  2. MaThy | URL | -

    どうもこんにちは。
    僕にはかなりイマイチだったのですが…。
    って、ここでイマイチだったって書いてしまうと、売り上げが少し減るんですね(笑)
    代わりにお買いになる本が、いい本であることを祈っております。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/65-0b1bc6a2
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。