スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変身

2007年03月06日 23:51

ある朝、グレーゴル・ザムザがなにか気がかりな夢から目をさますと、自分が寝床の中で一匹の巨大な虫に変わっているのを発見した。

変身 変身
カフカ、高橋 義孝 他 (1952/07/30)
新潮社


この商品の詳細を見る


カフカ。一度読んでみたかった。『城』と『変身』が並んでいて薄い方を選んだ。正解かどうかはさておき、大変な本であった。

この本は上の引用の一文から始まる。妙にリアル(な気がする)虫の描写が気持ち悪い。僕はどっちかというとそういうのが苦手なので、なかなか辛い場面もあったが、何とか読み切れた。そして、読みきった後は、面白かったかも…なんて思ったりもする。

ある日グレーゴルは虫に変わってしまう。彼には養うべき家族がいる。仕事も辛いとはいえ、それなりにこなしていた。虫に変わったその日、体をボロボロにしながら、彼は必死に部屋の外に出る。そこには、家族と彼が出勤してこないのを訝って家まで様子を見に来た上司がいる。上司は逃げ、家族は彼を部屋に閉じ込める。

精神も体もボロボロになるグレーゴル。当然、家族も追い詰められる。

気持ち悪いのに、切ない。だが、グレーゴル視点の描写はあくまで淡々としている。オチは…語りにくいから語らないということで。

解説にあった「夢」という言葉と冒頭の「夢」という言葉を眺めると、シュールな割りに分かり易い話な気がする。この言葉を中心に考えるとけっこういろんなことがすっきりすると思った。

細かいところは専門家がよく分からない議論をするのだろう。虫が何のメタファーか?とか。そこには興味なし。大体、この本だけからは読み切れないことをこの本の解釈とする意味が僕には全く理解できないし。僕が文学にのめり込めない理由もそんなところだろう。

…話が愚痴っぽくなってる。反省。

僕のこの本の評価は★★★☆☆(星3つ)
ちょっと面白かった。
アマゾンでの評価はこんな感じ。
とても良いと言えるだろう。

気持ち悪い、みたいな意見で星を減らす人はいないみたい。星を減らしていた人の理由には、僕があまり興味がもてなかった。その人の本を読む力という点に関して推測できるだけの材料はほとんどないが、若干疑わしいとも思う。

星の多い人に稀ににある、評論家気取りはそこそこ面白かった。有名な文学作品の書評をしている自分に酔っているのか、明らかに読み間違っている人もちらほら。読み間違い、というのは解釈が僕と違う、という意味ではなく、文章を追えていない、という意味。さすがに書いてある通りに読めない人の言葉は避けて通りたいな、と思うところ。

そういう意見を除いても、そこそこいい評価をされている本だと思いました。
スポンサーサイト


広告


コメント

  1. わだ | URL | -

    僕もこの本は読みましたが、面白いって手放しにいえない感じでした。やっぱり難しかった。でも、淡々としているところ、鬱々としたくらい感じは嫌いじゃなかったですね。

  2. MaThy | URL | OARS9n6I

    いやぁ、やっぱりちょくちょくかぶりますね。
    僕は軽く面白いって言ってしまいましたが。
    でも、淡々としているのに、ちょっと切なくなる感じが気に入ってしまいまして。
    ま、確かに軽い感想は似合わない本だったかもしれませんね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/66-8cc1ed81
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。