スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・エージェント

2007年03月29日 03:08

ザ・エージェントザ・エージェント
鬼塚 忠

ランダムハウス講談社 2005-02-26
売り上げランキング : 138963
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


至極簡単に言えば、作家のエージェントとは、作家を育てる仕事だ。
まず才能を見込んだ作家と契約を結ぶ。そして、その作家が出版社その他のメディアと仕事をする際の窓口になるのである。



近頃、出版がらみの本を読んでいる。
これも本当に面白い本だった。
この本は作家のエージェントという普段あまり聞かないような仕事をしている鬼塚さんの本。
エージェントというのがどのような仕事か、そして彼がどれだけの情熱を持ってその仕事をなしているかがわかる。
良書だ。

エージェントというのがどのような仕事か、ということがまず語られる。
才能のある作家を発掘し育てていく。そして、良い著書ができたら、それを出版できるようにする。
なかなか面白そうな仕事だ。

そして今まで出してきたベストセラー作品の誕生話などを交えながら、どのように本を選び、どのように世に出していくかということが書いてある。
この本で一番面白いのはここだ。
ここに載っている本を片っ端から読んでみたくなるくらいに面白かった。
エージェントという仕事の説明の章は若干まどろっこしく感じる部分もあったが、この章はどの内容も興味深かった。

次に、彼自身が作家のエージェントを始めた経緯が語られ、最後に作家になるためにはどうしたらいいか、ということが書かれている。
「どうしたら作家になれるか」という章なんか、とても妥当なことが書いてあるように感じるが、その情熱的な語り方などのお陰で説得力が違う。

いい本だったなぁ、と思う。
作家になりたかったり、出版に携わりたかったりする人は是非読んでみるといいんじゃないかな?と思う。

書き方は、作家みたいに書こうとしてか、少しうるさい表現がある。
しかし、それも読む人の好みによるのかもしれない。
僕が採点するなら大減点だ。
「この人、若干鼻持ちならない人かもしれない」という印象が、このせっかくの良いネタを不当に貶めている気がして残念なのだ。

僕の全体的な評価は★★★★☆(星4つ)
減点しちゃった♪

アマゾンでの評価はこんな感じ。
とてもいい評価。

だけど、何だかちょっと正しく読めているのか疑わしいものもあった。
まあ、面白かったみたいだからいいんだけど。

詳しい原稿料とかについて書いてないから面白くなかった、みたいなことを書いている人がいたが、そんなことを期待して読んでいる人がいたことの方に驚き。
少なくとも、レビューをする立場にはいないだろう、と思った。

『エージェント』という職業自体が「良いとこ取りの職業で気にくわない」という感じの意見があり、星が1つだった。
気に食わないと感じることに対して特に意見はなく、また言っていることも、ある種、正しいように思う。
が、それもわざわざこの本の感想とするのはおかしく感じた。また、エージェントの意義や、その職業についている人の情熱まで否定している気がして、あまり適切とは思わなかった。
…でも、何だか、それでも気になる意見ではある。
この本から傲慢さが透けて見えるのを何となく感じているのかもしれない。
傲慢さが本当にあるとしたら、それを読み取れなかった僕は恥ずかしいと思う。
結果は分からず終い、ということで(笑)
スポンサーサイト


広告


コメント

  1. めがね | URL | -

    このたび

    お久しぶりです。
    このたび自分もUranusという本のサイトを作りました。
    http://meganeuranus.web.fc2.com/です。
    MaThy さんに比べまだまだの内容ですが、
    見てもらえればうれしいです。
    そのときに感想なども掲示板に書いてくださると参考になります。
    よろしくお願いします。

  2. MaThy | URL | OARS9n6I

    コメントありがとうございます。
    早速コメント書きまくらせていただきましたが、ご迷惑でなければ幸いです。

    では、またよろしくお願いします。

  3. めがね | URL | -

    よろしければ

    見てくださってありがとうございます。
    間違いです。あの場所は。
    あんなところまで見てくださりうれしいです。
    よろしければうちのサイトと、
    相互リンクを結びたいのですがいかがでしょうか?
    よろしくお願いします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/71-09fea9c8
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。