スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄金色の祈り

2007年04月03日 19:56

黄金色の祈り 文春文庫黄金色の祈り 文春文庫
西澤 保彦

文藝春秋 2003-11-08
売り上げランキング : 94939
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


他人に傷つけられることはあっても、他人を傷つけることは決してない。
それがオレという人間だ。
そう思い込んでいた。



西澤さんの作品。
本屋で見つけるまで存在すら知らなかったけど、見つけて即購入。
近頃、西澤さんらしくない本ばかり読んでいたけど、これもこれでらしくない。
でも、これはこれで面白かった。

ある男の一人称で、中学生から中年までの人生が書かれている。
中学から高校までをブラスバンド部で過ごした彼の周りで起こった、二度の楽器紛失事件。
そして、その後起こる友人の死。
その死体のそばで見つかった、失われた楽器。
全てを引きずり、精神的にボロボロになりながら、終わりまで粘着質に進む。

主人公は周りに無頓着で、自意識過剰。
いろんなことを他人のせいにして、現実から逃げ続ける。
読んでて気分が悪いけど、身につまされるというか…。
僕がこれに近いタイプの人間なのかもしれない。
そのせいか、妙に切なかった。
むしろ、辛かったと言っていいかもしれない。
お話の最後も救われない。
いや、救われたのかもしれないが、それでも・・・

楽器を盗んだ犯人、そして友人の死の真相に関しては、「ふぅん…」程度の解決。
可もなく不可もなく。
このお話にはよく合っているかもしれない。
ただ、冒頭がミステリィ小説ど真ん中の展開を強く予想させるものであったため、あまりにもアンバランスな感じは受けた。
今考えてみるに、あの冒頭でこの内容はよくないかもしれない。
冒頭は余分だろう、とか言ってみたり。(←こういうこと言う奴が基本的には嫌い(笑))

後一つ。
この本はタイトルが秀逸だと思う。
黄金色(きんいろ)の祈り。
いや、タイトルだけ見たら普通だけど、内容を読むと、このタイトルがグッとくる。
本を読みながら、何度もタイトルを意識した。

僕の評価は★★★★☆(星4つ)
うん、やっぱりタイトル重要。
お話が上手いのは、西澤さんだから当然のことだし。

アマゾンでの評価はこんな感じ。
レビューは3つと少ないが、そこそこの評価。
お話に関しては3つとも良い評価をしている。

中年時代まで書かれているが、確かに青春小説ってイメージを持つ人もいるのかもしれない。
僕は違う印象だけど。
ただ、僕としては甘酸っぱいお話だとは思えなかった。
どこまでも苦いお話だった気がするのだが…。

ミステリーど真ん中みたいな冒頭のせいで、期待が先行してしまい、若干解決にがっかりしてしまう傾向があるみたいだ。
こきおろしているものもある。
正直、言いすぎだと思う。
お話にはちょうどいいくらいだ、というのを改めて主張。

西澤さんの人生とかぶるんじゃないか?という意見が多少面白かった。
主人公の経歴と類似部分が多いらしい。

そんなところかな。
スポンサーサイト


広告


コメント

  1. bibu33 | URL | -

    はじめまして

    突然失礼します。以前、ブログルポサイトからの依頼で、新作 学校の夢という本の、記事をかいたのですが、その反省と勉強のために、カテゴリーランキングから来ました。スマートな、素敵なブログですね。私のブログは、まだ出来て半月です。よかったら、遊びに来てください。

  2. bibu33 | URL | -

    はじめまして

    突然失礼します。以前、ブログルポサイトからの依頼で、新作の本の、記事をかいたのですが、その反省と勉強のために、カテゴリーランキングから来ました。シンプルな、素敵なブログですね。私のブログは、まだ出来て半月です。よかったら、遊びに来てください。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/72-ee79ece4
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。