スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入門!論理学

2007年04月22日 23:26

あるいは、もう少し正確に、でもちょっと変な言い方をすれば、論理学は日本語文法の一部であり、かつ、日本語文法を越えている、そう言いたくなります。

入門!論理学入門!論理学
野矢 茂樹

中央公論新社 2006-09
売り上げランキング : 39375
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


野矢さんの本。はずしたくない著者さんの一人。そして、当然、この本もかなり面白かった。

論理学に入門しつつ、ついでにその本質に触れてみよう、という本。そのテーマに沿う形で、汎用性の高い言葉たち、「?ではない」(否定)、「かつ」(連言)、「または」(選言)、「ならば」(条件法)、「すべて」(全称)、「存在する」(存在)、が丁寧に扱われている。

まずはこれらの言葉の論理法則を明らかにする。明らかにするためには、その言葉を使った命題が何から導かれ(導入則)、そしてその命題が何を導くのか(除去則)が問題になる。

たとえば、「かつ」について「AかつB」という命題を考える。
どういう時に「かつ」を使った命題が作れるのか(「かつ」を導入できるか)
どういう時に「かつ」を使った命題を分解できるのか(「かつ」を除去できるか)
これが「かつ」という言葉を知る上で、重要になる。

何か難しそうな雰囲気(?)だけど、実際は単純で、
「A」という命題と「B」という命題から「AかつB」という命題が得られる。
これが導入則(笑) 「A,B→AかつB」とか書いてあったかな。これは、「Aが正しい」と「Bが正しい」が別個に与えられた場合、「AかつBが正しい」が言えるということに等しい。

また除去則は、書き方をまねると、
AかつB→A
AかつB→B(除去則)
こんな感じになる。「AかつBが正しい」を「Aが正しい」と「Bが正しい」の二つに分解し、「かつ」を除去できる。

これぐらいなら、当然と言えるかもしれない。でも、これを上記のたった6つの言葉について繰り返すだけで、驚くほど広い世界が開ける。そして、それですら論理学の入り口なんだよ、ということが本書では語られている。

普通の論理学の本なら入り口から記号を使いまくって説明されるそうだ。だが、この本では記号を使わないことにこだわっている。その分、冗長に見える表現が増えるが、それはそれで趣き深いし、飽きないように配慮されてる。たとえば、文章はできるだけ軽い口調で面白いし、トピックも豊富だ。野矢さんの意図としては、記号を使わないことで、論理学の入り口をよりナチュラルに体験できるのだとか。

満足の一冊だった。論理学について少し勉強してみようかな、とも思う。
僕の評価は★★★★★(星5つ)
アマゾンの評価はこんな感じ。
レビューは9つ。なかなかの評価。

一番上にあったレビュー(つまり、9つ目のレビュー)を読んで、「これをこのままコピーしてやろうか」とふと思ったがやめた。いいレビューだな、と思った。

他のレビューに「入門に適さない」みたいな記述がチラホラあるが、その人が他の本を読んだりしながら、意見を書いていることには注意したい。僕は中途半端に論理学の門をくぐっているレビュワーよりは、野矢さんを信じるな、流石に。

この本は決して簡単な本ではない。(もちろん難解とは程遠いけど)
ある学問に入門するのだから、それなりに考えることは必要だろう。だが、ほんの少し考えただけで論理学に興味を持つことができ、そして、いくつか簡単なことを理解できるとしたら、良い入門ではないだろうか?
…と、いうようなことをレビューを読みながら考えたわけで、そんなことを書いていると、レビューのレビューとは程遠くなってしまったわけだ(苦笑)
スポンサーサイト



広告


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/77-41caa3e0
    この記事へのトラックバック

    オークリー レンズ

    本の山。 入門!論理学 -




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。