スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土木学会誌

2007年04月30日 20:38

というわけで、土木学会誌を読みました。
面白く、また、マイナーな雰囲気だったので、紹介する価値があるかな?と思ったのですが…。

まず、Amazonで扱っていないことが明らかになりました。
そして、『土木学会誌』でググると土木学会誌のページがヒットするのですが、リンクするのに許可が必要だとか。
しかも、そのページから土木学会誌を買うことはできないような気がします(土木学会のHPで問い合わせる必要があるみたいです)。

テンション急降下ですよ。

まあ、とりあえず、レビューをしておこう。

『土木』という言葉を聞いたら、普通の人は古臭い印象を受けると思います。
少なくとも僕は土木学科に入るまではそう思っていました。
土木学科に入ってしまったのは、ちょっとした間違いみたいなもんです(笑)

ところが実際入ってみると、古臭いどころか最先端なわけです。
まあ、よくよく考えてみれば当然なんですが、僕は少し感動したわけで。
それに前に紹介した『地球の水が危ない』ではないですが、土木の歴史はドラマチックな出来事の連続です。
ネタを探せばいくらでも見つかりますし、本にしようと思えば何冊にでもなるでしょう。

そんな面白い土木の世界を古臭いなんて思っていた自分は愚かだった、というつもりは特にありません。
そう言ってしまうと今が愚かじゃないみたいなので(笑)

まあ、でも、下らない誤解だったな、と。

世界的には理学より工学に人材は集まります。
そして、土木は工学のど真ん中です。
他が面白くないとか新しくないというわけではもちろんないですが、土木が面白く新しいのは、本当は当然のことなんでしょうね。

土木学会誌の5月号の特集は『学会誌デザインの90年』というものでした。
それを読むと、この学会誌もけっこうな模索をしながら進んできているのが分かります。
論文集と学会誌の分離から、学会誌の存在価値の模索していくことで今の形になったとか。
土木のコアな世界と一般とをつなぐ役割りもその模索の一つとして挙げられています。
そういった発展の仕方をいくつか見ていくと、学会誌というフィールドでも土木はけっこうフロンティアだったのかな、と思いました。

…できればウェブ上でもうちょっと動いてくれると、そう言い易かったんですけどね。

5月号では他には、この前の能登半島地震に関する速報が写真入りで易しく書かれていたり、歴史街道構想や、全国高校ものづくりコンテスト、東京都の公園の衰亡、土木デザイン賞などについての記事も載っていて、とても面白いと思います。

表紙や中の写真もきれいなので、もし本屋さんなどで見かけたらパラパラ見てみるのもいいのではないでしょうか?
本屋さんで普通に売られているのかどうかは知りませんが…(苦笑)

というわけで、土木学会誌のレビューでした。



スポンサーサイト


広告


コメント

  1. わだ | URL | -

    土木学会誌ということで
    同じ土木系としてはいてもたっても
    られなくなりました(笑)

    そういえば土木工学は工学のはじめだと聞いたことがあります。
    工学は最初
    military engineering(軍事工学)に対してcivil engineering(土木工学)という構図で始まったらしいです。
    つまり土木は老舗の工学ですね。
    最近は他の工学に押されて少し日陰のようですが・・・。
    土木もこれからどんどん変わっていかなければならないのかもしれません。

    でも土木はやっぱり面白いです。
    同感です。

    長々と書いてしまってすいませんでした。
    それではまた伺わせてもらいます。

  2. MaThy | URL | OARS9n6I

    コメントありがとうございます。
    土木は工学の老舗…。僕もそのような印象です。
    他のどの分野と比べても、その歴史と持っているドラマには事欠かないでしょうね。

    本当に面白いですよね。
    これから、その発展に少しでも関われたら楽しいのかな、と思いつつ…。
    いや、難しいか(笑)

    拙い文章ですが、いつでもご利用下さい。
    では、またどちらかのブログで。

  3. atsushi@アマゾンの本@ビジネス書 | URL | t50BOgd.

    土木学会誌!
    うわ~なつかしい!(笑)
    はじめまして。ブログ村からきました!

    実は私も土木工学科→理工学研究科土木工学専攻という大学・大学院時代を過ごしていました。

    専門は構造力学をやりながらLCC(ライフサイクルコスト)の妥当性を考えるというマニアックな内容でしたけど(笑)

    土木学会誌はたしか四谷の本部か丸善で買えたような気がしますが、どうだったかな。
    様々な災害についての速報・写真つきの解説はどのメディアよりも詳細でとても勉強になりましたね。
    日本の土木工学を発展させた人や、世界で実力を発揮された先人の生涯を通した活躍を技術的なレビューを交えて紹介された時なんて、日本の土木工学に誇りを持ったほどです。

    また寄らせていただきますね!

  4. MaThy | URL | OARS9n6I

    atsushiさん、コメントありがとうございます。
    土木に絡んだことある人って意外と多い、と感じている今日この頃、それが裏付けられましたかね。
    専門は構造とライフサイクルコストですか。
    今ではatsushiさんの頑張りのためか、マニアックというよりベタな分野になっているような印象です。

    それにしても、土木学会誌というのはやはりなかなか買えるところがないんですかね?
    土木学会員になったため送られてくる僕はかなり幸せなのかもしれません。
    もうちょっと広めてくれると嬉しい気もしますが。

    日本人の土木工学者の話は、聞けば聞くほどドラマですよね。
    僕も大好きです。
    日本の世界に誇れるものの一つですよね。

    またいつでもいらして下さい。
    僕の方からも寄らせていただきます。

  5. atsushi@アマゾンの本@ビジネス書 | URL | t50BOgd.

    どうもatsushiです!
    そうなんですか~ だいぶベタな分野になってきているんですね。
    当時からLCCについては取り組んでいる研究者は多かったのですが、まだ手探り的な印象が強かったような・・・

    丁度、不動産系で証券化などが流行りだした時期で、土木構造物の証券化とかPFIとかを模索してたんですよね~。

  6. MaThy | URL | OARS9n6I

    そうなんですか…
    何だか歴史を調べればatsushiさんの年代が分かりそうなくらいリアルな話ですね。

    ついでに少し調べますかね(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/80-9993f4ce
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。