年俸5億円の社長が書いた 儲かる会社のすごい裏ワザ

2007年06月10日 07:40

俺の会社には合わないということはありません。すべての業種に活用できるノウハウです。自分の商売に当てはめて考え、応用してみてください。驚くような結果を出すことができるでしょう。

年俸5億円の社長が書いた 儲かる会社のすごい裏ワザ年俸5億円の社長が書いた 儲かる会社のすごい裏ワザ
平 秀信

アスコム 2007-01-31
売り上げランキング : 33105
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本も借りて読んだ。えらく感じ悪い本だった。
本の構成は大きないくつかの章に分かれているようだけど、細かい項目が適当に詰め込まれているようにしか見えない。感じの悪さに辟易していて、構成を追う気になれなかったようだ。

内容は公平に見ること自体難しいが、ためになるとは言い難い。ためにならないと感じるのは紹介されている手法が使い古され、しかも印象がよくないものばかりだからだ。

情報を提供しているサイトを知っているだろうか?『これをすればあなたも億万長者になれる!』みたいなサイト。これらのサイトで売られている情報はほとんどの場合、下らない情報だ。偽モノと言ってもいいだろう。この本で紹介されている手法は、そんな下らないサイトで使用されている手法ばかりだ。

魔法のフレーズ『今年の流行です』
『限定』と言ってみる。
利用者の声を客に見せる。
「信用できないとお思いでしょう?」とか言う。

こういうのが次から次にやってくるとけっこう勘弁して欲しくないですか?僕の場合、こういう方法が胡散臭いサイトで使われているのを知っていてこの本を読んだから、そう思うだけなんだろうか?

そうだとしても、感じの悪さは他からも漂っている。お客は教育して『あげる』ものだと言ってみたりして、常にかなりの上から目線だし、「正しいことだけしてもダメだ」とか普通に言ってしまっているし。
『貧乏性な人がせこい技を駆使してたまたま金持ちになってしまった報告』とか言ってしまいたいところだ。

僕の評価は★☆☆☆☆(星1つ)
少なくとも新しい情報はそんなにないのでは?
アマゾンでの評価はこんな感じ。
52個で星が4.5個。めっちゃいい評価。

…どうしようか?(笑)

一応読んでみた。
「こいつらほとんどサクラなんじゃね?」という感想を持った。
今日の僕は頑なだ(笑)

何にしろ、誉めている人は誉めすぎな気がする上に、この『平さん』という人について詳しすぎる。
気持ち悪い。この人ってそんなにファンを大量に持っている人なのか?この本が、その一部のファンに向けて書かれた本だというのなら、いろいろ納得できるのだが。

もう一つ疑いたくなる点があって、それがレビューのお役立ち度数。アマゾンではそのレビューが何人中何人の人に役に立ったかというのを表示している。そのお役立ち度数が、この本を「いい本だ」と言っているレビューほど低い。そしてこの本について悪いことを書いているレビューの方がお役立ち度数が圧倒的に高い。

もう、こんなレビュー信じてやるもんか!

そんなことを思ったわけだ。
あまり評価の高くないレビューにはやはり「新しい内容ではない」と書いてあるしね。

それにしても、僕のレビューのレビューって、自分に都合のいい情報だけを取ってきたり、都合よく情報を解釈したりして、自分を正当化しているだけなんじゃないだろうか?考え直した方がいいのかもしれない。

…また今度考えよう(笑)
スポンサーサイト


広告


コメント

  1. にーちゃ | URL | -

    お久しぶりです。

    今日は少しお知らせをしたいと思いまして、
    訪問させていただきました。

    この度、インターネット上で、

    「心のディスカッション」

    という企画を立ち上げました。

    いろんな人が自分の悩みや想いを
    この場所を通して表現して、
    互いにコトバを交わすことによって、
    温かい1つのネットワークを繋げていきたいと思い、
    このような企画を立ち上げることにしました。

    まだまだ模索中というカンジのサイトですが、
    ぜひ、参加してみてください。

    詳細は、私のブログに載せてあります☆

    詩集ブログ「あなたに勇気をくれるコトバ」
    管理人:にーちゃ

    http://shimochan813.blog92.fc2.com/


    ※コピー投稿になってしまい申し訳ありません.

  2. ごあいさつ

    はじめまして、突然のコメント失礼いたします。

    「日本ブログ新聞」と申します。

    よろしければ、当紙面に記事を掲載されませんか? ランキング形式ではございますが、少しでも、貴方様のブログへのアクセス増にお役に立てればと思います。

    よろしければ、ご参加下さい。

    サンプル http://www.japanblog.jp/ranking.php?mode=new

    なお、このご案内が重複しておりました場合は、ご容赦下さい。

    失礼いたします。m( _ _ )m

    http://japanblog.jp/

    japan.blognews@gmail.com

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honnnoyama.blog66.fc2.com/tb.php/89-565fed49
この記事へのトラックバック