スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PK

2012年08月16日 03:44

「今から思えば」大臣は半分、意識せずに洩らした。「試されていたのかもしれない」
「何を試されたんですか」秘書官がすぐに質問してきた。
「たとえば」大臣は少し間を空け、考えた後で、「たとえば、勇気の量を」と言う。


PKPK
伊坂 幸太郎

講談社 2012-03-08
売り上げランキング : 10132

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ちょっと前に読んだ。
…久しぶりだから、どんな書き方してたか分からん(笑)→適当に

面白かった…とイキナリ書いてみる。
伊坂幸太郎らしい、と感じた。

3つの中編から成っている。3つのお話はしつこくない程度に関係している。
1つ目のお話は「PK」
大臣が秘書官に調査をさせる。「ワールドカップ予選で小津選手がPKを決めることができたのは、なぜか?」

2つ目のお話は「超人」
ある男には、将来の殺人者の名前がメールで送られてくる、という特殊な能力がある。彼は将来の殺人者を、事前に殺す。

3つ目のお話は「密使」
人類の未来を託された密使は、ゴキブリ。そこに、時間をちょっとだけ人から盗める男が現れる。

さあ、断片的だ。たぶん、そんな断片をいい具合に結びつけて、お話ができてる。
いい断片を、無理なく結びつける。そんな伊坂幸太郎らしさ。

勇気が試される。戦うのか、戦わないのか。
どうしようもないくらい大きなことに対して、戦うと決めること。
ドキドキしてどうしようもないことが、淡々と。
いや、淡々としてるから、ちょっとドキドキするのかも。

やっぱり、どこまで書いていいか分からないから、記事の内容はフワフワしてしまうけども、良いもの読んだ感が伝わればいいのに。

★★★★★(星5つ)

[PK]の続きを読む

ランキング



TENGU

2009年05月19日 23:58

振り向いた。そこに見たこともない巨大な男が立ち、サダを見下ろしていた。"青い着物"を着て、頭に烏帽子のようなものを被っていたという。瞬間、天狗だと思った。

TENGUTENGU
柴田 哲孝

祥伝社 2006-07
売り上げランキング : 397837
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


何か本を読みたくて、本屋をブラつき、全く知らない本を、自分の直感のみで選んでみる。それがアタリだったら、凄い幸福感に浸れる。そんな気持ち分かりますかね?逆にそれがハズレだった時の徒労感もまた凄まじいもので…。今回は読み終わって、ドッと疲れがやってきました。つまり、後者ですね。いやぁ、買う時にちょっと悪い予感はしたんだ。読んでいくに従って、天まで届く悪い予感。

昔、ある村で、まるで天狗が起こしたかのような殺人事件が起こります。しかし、米軍の関与のせいなのか何なのか、ウヤムヤなままにならざるを得ませんでした。若い頃、記者としてその事件を担当した道平は、あるきっかけでその事件を調べなおすことになります。

何もミステリじゃないんですわ。そして、ダラダラダラダラ…。天狗の仕業みたいな不思議なことが起こりました。そして、それは実際、不思議なことでした、という意味の分からないオチ。そして、始めから一切謎は進展せず、お話が語られ続けます。意味の全くないイベントの間に、意味のないイベントが挟まったりして、その間に悩んだりします(笑)

オチを語る部分が特に象徴的です。ただただ関係者の一人が背景の説明をするパートなのですが、無駄に数日かけて話すんですよ。何の意味もなく。僕は、その間に語り手が死んだり、何かしら展開があるのか、なんて疑っちゃいましたよ。本当に意味がなくて、逆にびっくりです。いやー、やられたやられた…ってなるかーい!

まるで「2枚以上で書きなさい」って宿題を出された時の学生のレポートみたいな意味のない水増し。そんな雰囲気で、本書はできています。

僕は一切、理解しない。

★☆☆☆☆(星1つ)
[TENGU]の続きを読む

ランキング



パチンコ屋に学ぶ経済学

2007年12月17日 01:04

「4分の1インチドリルが100万個売れたのは、人びとがこれを欲したからではなく、4分の1インチの穴を欲したから」

パチンコ屋に学ぶ経済学パチンコ屋に学ぶ経済学
伊達直太(人生戦略会議)

WAVE出版 2007-10-24
売り上げランキング : 149672
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



久々の更新。1ヵ月更新できなかったら、ブログを閉めようと思いながら、ブログを書いている。
リンク貼っていただいている方に悪いですからね。
今回は、ギリギリセーフ?怪しいもんだ。

久々に書くのだから、もうちょっと本を選べばいいのに、今日の本は酷い。上の引用を見て欲しい。引用する部分がなかったら、著者がどこかから引用した言葉を引用してしまった。この本が借りた本じゃなくて、自分で買った本だったら、今頃、ブログの閉鎖が決まっている頃だ。けなすために文章を書くのすら嫌になっているところだったろう。

この本の冒頭に、パチンコ屋をお手本に経済に関することを学ぼう、と書いてある。パチンコ屋は素晴らしく、しかも、町中にあふれている、これを使わない手はない、とかなんとか。だが、この本の中で、パチンコ屋をお手本に何かを身につけるということはない。

パチンコ屋で"例える"ことはたまにある。このことはパチンコ屋で言えばこういうことだ、という例え。だが、実際に、パチンコ屋でそのようになっているかどうかは甚だ怪しい。っていか、一部は確実にそうなっていない。

著者の経済に関する知識も怪しい。むしろ、知識がないから開き直っている感じ。どこかで聞きかじったような内容を自分解釈しつつ、後は勢いで誤魔化している感じ。
いや、誤魔化せていない感じだ。だって、間違っているだろ?
経済の知識がなくたって、途中で言葉の意味が変わってたら、この本が怪しいって分かるだろう。うんざりだぜ。
この本から分かるのは、このライターがパチンコ好きで、知識と文章を書く能力に欠ける人物だ、ということかな。

それにしても、パチンコ好きならこの本の良さが分かるんだろうか?もしそう思ってこの本を書いたんだとしたら、それはそれでパチンコ好きを馬鹿にしている気もする。
パチンコをしない人には、パチンコの例えも無意味で、もうどうしようもない。文章を抽象的にすることで知識のなさを隠そうとしている。引用の多さもそれを物語っている。もちろん具体的じゃないから、絶対に役に立てるのは不可能だ。パチンコ屋に関するトリビアすら手に入らない。

何がしたかった本だろうか?

僕の評価は★☆☆☆☆(星1つ)
[パチンコ屋に学ぶ経済学]の続きを読む

ランキング





広告




FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。